乳幼児からピアノを始めると絶対音感がつくというのは本当?

それって本当?乳幼児のピアノレッスンで絶対音感を身につける

>

絶対音感ってどんな才能?

音楽の分野で重宝される

絶対音感のメリットと言えば、楽譜無しでも正確な音階で歌えたり、楽器を演奏出来たりする点です。基本的な音階や音名を説明すればすぐに理解出来るので、お子さんを音楽の道に歩ませたい場合はトレーニングしていて損はありません。
また冒頭でも申した様に、世界的に有名な音楽の専門学校では、11%の学生が絶対音感を持っています。その内、乳幼児からトレーニングをしていたのは約30%となりますので、早い段階から才能を開花させたいという場合は、まずお子さんにピアノを与えると良いでしょう。ピアノはキーを叩けば必ず同じ音が出ますので、そこから音名を学んで行き、トレーニングを開始します。
また絶対音感を持っていると聞いた曲をすぐに再現出来るので、日常生活にも役立ちます。

実は脳のトレーニングにもなる?

単に音楽の面で活躍するだけではなく、実は脳のトレーニングにも大変有効なのです。
そもそもピアノというのは、楽譜を読むだけではなくそれを覚えなければなりません。その上で、ピアノのキーを叩いて演奏するのですが曲によっては両手、しかも左右で違う動きをしなければなりません。更に難易度が高くなると足のペダルで音の強弱を表す必要があります。この動作は脳の連携を強める、または記憶力が上がるといった効果がみられるので日常生活はもちろんの事、勉強麺でも良い効果があるのです。
乳幼児からピアノを始め、絶対音感を養う事で脳の発達を促進すると言えます。絶対音感はピアノが良いと言われる理由は効率よく脳を刺激してくれる方なのです。


この記事をシェアする
TOPへもどる