乳幼児からピアノを始めると絶対音感がつくというのは本当?

それって本当?乳幼児のピアノレッスンで絶対音感を身につける

>

実際に導入されているトレーニング方法とは

何歳までに導入すべき?

なぜ乳幼児からトレーニングをしなければ、絶対音感は身に付かないのでしょうか?理由としては大人よりも成長速度が速く、様々な事を吸収していくからです。
また乳幼児、特に3歳以降には相対感覚という「物事を比較する」という性質を持つ事で、自分で音同士を比較して覚えていきます。この相対感覚が身に付く前に音楽に携わっていると高い確率で絶対音感を身につける事が出来る様です。
ちなみに絶対音感のトレーニングを始めるのは3~7歳までがピークです。その後にトレーニングをしても開花は見込めないというデータが出ています。但し、話すのが早い子供に関しては3歳を待たずに自宅でピアノのトレーニングをする事で、才能の開花が早まります。

トレーニング方法を公開

実際に導入されている絶対音感のトレーニングとはどのようなものでしょうか?
まず自宅で出来る簡単な方法として、ピアノの音を当てるゲームから始めます。的中率が上がってきたら今度は和音、旋律とステップを踏んでいきます。最終的に大人が作曲した曲を聴かせて、楽譜を作らせる事になります。このトレーニングはピアノがあればすぐに出来るので、ライトなトレーニング方法と言われています。
続いてはスクールで導入されているトレーニング方法です。基本的には同じですが、スクールには専門知識を持った講師がいますので、より深い部分まで学ぶ事が出来ます。
バイオリンなどの楽器を使うところもありますが、決まった音という点ではピアノにメリットがあります。


この記事をシェアする
TOPへもどる